シートメタル製造ガイド

12 12月, 2023



板金製造プロセスは製造業で広く利用されている技術であり、金属板を使用してさまざまな部品や組立体を製作します。このプロセスにはさまざまな成形技術が関与しており、それぞれが特定の用途で独自の役割を果たしています。以下は板金製造プロセスの概要であり、基本原理と一部の一般的な成形技術について説明しています。

Q1: 鈑金加工とは?

A: 鈑金加工は金属板を使用してさまざまな部品や製品を製造するプロセスです。通常、切断、折り曲げ、スタンピングなどのステップが含まれ、必要な形状と構造を形成します。当社は先進的な鈑金加工技術を駆使し、自動化プロセスと最新の機械設備を使用して、高精度かつ効率的な製造ソリューションを提供し、製品の品質と一貫性を確保しています。 

Q2: 鈑金製造の用途?

A: 鈑金製造は自動車製造、電子製品、通信機器、建築など、さまざまな製造業界で広く使用されています。当社はこれらの分野でカスタマイズされた鈑金ソリューションを提供し、車載ツールボックスから医療用カート、エネルギー貯蔵装置まで、お客様の多様なアプリケーション要件に対応しています。 

Q3: 鈑金製造プロセスの原理は?

A: 鈑金製造プロセスはまず板材の切断から始まり、次に折り曲げやスタンピングなどを行い、必要な形状を形成します。当社は先進的なレーザーカッティング技術と自動折り曲げ機器を活用し、高精度かつ効率的な製造を確保し、お客様に高度にカスタマイズされ、基準に準拠した製品を提供しています。

これらの手順は鈑金製造プロセス全体を構成し、各ステップが最終製品の品質、精度、効率を確保しながら重要な役割を果たします。また、ソフトウェア開発の分野では、明昌は仮想化統合を実現しています。ITコンピューティング技術を活用し、人工知能、自動パラメータ設定、スマートな機械統合などを実現しています。

Q4: 鈑金の主な種類は?

A: 鈑金には鋼鉄、アルミニウム合金、銅などの主なタイプがあります。各材料にはそれぞれ独自の特性があり、当社はお客様の要求と製品の用途に基づいて、鋼鉄、ステンレス鋼、アルミなど、複数の材料の選択肢を提供しています。これにより、異なる産業の材料性能要件に対応できます。 

Q5: 板金製程はどの産業で広く使用されていますか?

A: 板金製程は自動車製造、電子製品、航空宇宙、エネルギー、建築などの産業で広く使用されています。当社は数十年にわたる業界経験を持ち、製品の98%以上が世界中のお客様に販売されています。これには自動車、医療、工具、教育、物流などの業界が含まれており、精密で信頼性の高い金属部品の要件に応じた専門の板金ソリューションを提供しています。 

 

Q6: 金属製造の利点は?

A: 金属製造は高強度、耐久性、デザインの柔軟性を提供します。当社は高品質の金属製品を提供することに力を入れており、現代のプロセスと材料を使用して、お客様が持続可能で基準に準拠した製品を得られるようにしています。金属製造の利点にはリサイクル可能性があり、環境保護と持続可能な発展に寄与します。